教室での取り組み

模試のやり直しってどうしていますか

豊中・箕面の個別学習塾

個別学習のセルモ豊中緑丘教室の古川です。

 

先日11月5日(日)に塾内模試を行いました。

小学4年生から中学3年生までご参加いただきました!

 

個別セルモ豊中緑丘教室では、模試の実施には他塾と違う点があります。

それは受験後の「解きなおしノートの添削の徹底」です。

そもそも試験とは大きく2つに分けられます。

1つは現在の実力を判断するもの

もう1つは合否を必要とする関門的なもの

です。

 

塾内模試や学校で行われる定期テスト及び実力テストは、基本的には前者になります。

 

したがって、点数や偏差値が悪い、志望校判定が悪いなどだけで終わりとしては受験している意味がありません。

何が良くて何が悪かったのか、次回までにどのように学習し続ければより良くなるのの分析が重要になります。

もちろん講師側でそれらを分析して指示することは可能ですが、公立の良い自学自習にはこの分析を自分で行えることが非常に重要になります。

そこで当教室では「模試解きなおし・まとめノート」を作成してもらい、何が間違っていて何が正しかったのか、次の模試に向けて何をどう学習するのか、をノートに落とし込んでもらいます。

ただし、答えに記載されている「解き方」をそのまま書き写すだけの生徒も多いので、

 

「一度提出してもらったノートを添削」します。

 

そして良いものは残し、その生徒にとってあまり効率の悪いであろう内容に関しては、書き方の例を記入して返却します。

そしてさらに

 

「ノートを再提出」してもらいます。

 

これらを繰り返して約2週間~1か月ほどかけてノートの添削を行います。

そうすることによって、テストの結果を見つめなおす習慣をつけてもらいます。

 

繰り返している生徒は模試の結果がぐんぐん伸びています!

今回も各生徒の前回からの課題がどれだけ達成できているのか、非常に楽しみです!

もちろん、ノート添削は無料ですよ!

詳細はお問い合わせください。

 

 

豊中 箕面 個別塾 個別学習のセルモ

-教室での取り組み

Copyright© 個別学習のセルモ 豊中緑丘教室 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.