未分類

大阪府医師会看護専門学校 合格

当教室、なぜか看護師を目指す生徒が多いのですが、

そんな看護師を目指す生徒の合格報告です。

(報告を受けたのは少し前ですが…。)

 

今回合格報告を受けたその学校は「大阪府医師会看護専門学校」です。

専門学校を目指す生徒も指導させていただいていました。

この生徒は前回紹介した「同志社女子大」に合格した生徒同様、高校受験を当教室で迎え、高校3年生の受験間近で戻ってきた生徒です。

中学生の時から「看護師になる!」と宣言していた生徒なので、高校進学時に、「とりあえず数学Ⅰ・Aと英語だけはしっかりやっておくようにね!」と伝えていましたが…。

受験時期に戻ってくるという事は、いわゆる「ヤバイ」という状況です…。

成績もひどく、英語は中学3年生時よりも下がっているような状況でした。

英語を急ピッチで基本から学習しなおし、数学も得意な関数からやり始めて…なんとかギリギリ間に合いそうだな、と思いきや!

なんと、学校の成績が欠点だらけで卒業も危うい事になっていました。

状況が状況だったので、「塾では受験用の勉強をしていくから、学校の勉強は欠点だけはとらないように、しっかり予定管理するんやで!」と伝えていましたが、できていない…。

すぐさま学校の勉強に切り替えて、受験用の勉強のカリキュラムの立て直しです。

かなり厳しく注意し、本人も事の重大さに気づいたのか、それからはしっかり取り組むようになりました。

進んではぶつかり、方向を確認して進んではまたぶつかり…を繰り返してなんとか受験までこぎつけました。

直前の日は、どうしても不安だという事で、お母様からの申し出もあり、授業を深夜まで行いました。(日付が変わるまで指導したのは初めてです。あの日は疲れたなぁ(笑))

その結果、本人持ち前の本番強さもあり、なんとか合格できました。

 

看護系の専門学校は、大学受験でいう「過去問」があまり無いので、本人も不安が大きかったと思います。

でも「基本をしっかり!」という私の言葉を信じて、最後までやり切ってくれた事には本当に感謝しています。

これからは、本人の夢であった「看護師」に向けての道を、本格的に歩むことになります。

不安に打ちかった経験を活かし、少しでも多くの患者さんの不安を取り除き、「笑顔にできる」看護師になってほしいと思います。

彼女ならなれると信じています。

 

彼女は合格報告の際に、最後こう言いました。

「看護学校でもテストのとき、ヤバくなったらまた来るねー!」と。

私は言いました。

「もう来るな!頼むから来るようなことになるな!!」

(笑)

 

合格おめでとう!

 

-未分類

Copyright© 個別学習のセルモ 豊中緑丘教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.