未分類

ノートは何がいいの?

前回「問題集」の選び方について個人的な見解を述べましたが、

保護者様から「ノートについても教えてください」との声があったので、

教室で生徒に進めているノートを紹介します。

 

①方眼ノート(10mm実線)

②目盛付きノート

です。

 

①方眼ノートは、学年問わす、字のバランスが悪い生徒や、

整理して書くことが苦手な生徒に進めています。

方眼の間にさらに細かく方眼が書かれているものもありますが、

あまり細かいと、どの線を基準に書けばいいのかわかりにくくなるので、

すっきりとした10mm方眼、もしくは5mm方眼10mm実線をすすめています。

これはスーパーや書店、文具店などでも取り扱われています。

 

ある程度整理して、バランス良く書ける生徒には、

②目盛付きノート をすすめています。

目盛付きノートだと線やグラフも、自分のサイズで丁寧に書くことができます。

そんな目盛付きノートでも最近特にオススメなのが、

 

極東ノート
CL3S3 [College(カレッジ)・記述試験対策ノート]

100000001001766199_10204

です。

 

ページ数が書きやすいように左側に罫線が書かれていて、さらに方眼の線も点線で書かれているので、グラフも書きやすい。

さらに各ページの下部に、感想や注意点などを書き込める「メモ欄」が設けられています。

 

このノートを使用している生徒には、1ページ1問1解説を書くように指導しています。

 

オススメさせていただいた保護者の方は、ご自身も気に入られたようで、使用しているようです(笑)。

 

実は私も仕事用で使っています。

生徒に受けさせたい授業など、目的別にページを使用し、下部のメモ欄には問題点や注意点、課題などを書き込んでいます。

 

もともとは大学受験生用のノートのようですが、よく出来ていて、どの年齢層にも使用できると思いました。

 

ただ…、書店や文具屋さんではあまり見かけません。

私はいつもネットで購入しています。

 

ご希望の方はネットで検索してみてください。

-未分類

Copyright© 個別学習のセルモ 豊中緑丘教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.